プロフィール
GAKU
GAKU
オーストラリアとカジノの魅力にハマって18年。。。 トータル77回に及ぶオーストラリア入出国のため、パスポートはオーストラリアの出入国スタンプだらけ。オーストラリア入国のたびに、イミグレの係官に怪訝な顔をされています(苦笑)。 OZワインが大好きです!旅の思い出は料理の写真で綴るのが習慣になってしまいました。グルメとダイエットの狭間に身を置いて、日々精神修行をしています(笑)。

リゾカジ.com
www.resocasi.com

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2011年05月12日

東日本大震災支援活動

みなさま、たいへんご無沙汰しております。
東日本大震災以来、オーストラリアの話題とはかけ離れた生活をしております。
ああ、オーストラリアの青い空が恋しいです。。。(^^ゞ

わたしは今、東日本大震災で津波による被災を受けた岩手県三陸沿岸の支援活動を行っています。

3月にわたしの会社で主催するコミュニティ(リゾカジ.SNS)の中だけで始まった支援活動が、現在は北は北海道から南は沖縄まで全国からの支援の輪に広がりました。アメリカや香港などの海外からも支援をいただいています。そしてもちろん、愛するオーストラリアの仲間たちからも熱い支援をいただいています!

わたし個人による支援活動なので、こちらのブログでは今まで告知しておりませんでした。しかし、海外には被災地の詳細な情報が伝えられていないことを知り、支援活動の詳細とともに被災地の情報を発信したいと思います。

わたしが行なっている支援活動の詳細は以下の通りです。
もしこの趣旨にご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、是非ご協力をお願いします。
これまでご賛同いただいた皆様のお陰で、個人の力は小さくともみんなで集まれば大きな力になることを実感しました。あなたの支援を直接被災地に届けます。

http://homepage.mac.com/uchikoshi/detail.htm


GAKUこと
打越 岳

追伸:

ダニエル・カールさんの山田町支援活動の様子が紹介された番組は、NHK Worldの「Features」でご覧いただけます。わたしも少しだけ出演していますのでよろしければご覧ください。みなさんから届けられた支援物資がどのようにして届けられているのかその一部をご覧いただくことができると思います。

Mission of Hope
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/movie/feature201105132005.html

ダニエルさんは岩手県下閉伊郡山田町を個人で支援しています。東京近郊から支援物資をかき集め、自らトラックを運転して山田町までいらっしゃいます。一日がかりで物資をすべて届け終えると、東京へ戻り支援物資を積み込んでまた山田町に来ることを繰り返していました。番組でも紹介されていますがこの事実をツイッターで知ったことが縁で、山田町から車で1時間ほどにある遠野市のわたしの物資倉庫から支援物資の供給を行なうようになったという経緯があります。











  


Posted by GAKU at 15:55Comments(7)支援活動

2010年11月21日

4ヶ月振りのケアンズ〜続き

小雨の降る合間を縫ってVilla Romana(ヴィラ・ロマーナ)というイタリアンレストランに朝食に出かけました。




モッツァレラチーズたっぷりのオムレツはアツアツの鉄板でサーヴされます。口当たりも風味もたいへん優しくてお気に入りの一品になっています。




ビターなマキアートが対照的でした。




帰り道は小雨の降る中、駆け足でエスプラネードを。そんな波打ち際じゃ何も獲れなそうもないのに、一生懸命に投網を繰り返しているひとがいました。ケアンズは平和です。




ラグーンにいるひとたちも雨なんか気にしていません(笑)。




青空が見えないのはちょっぴり残念ですが、それでも、やっぱりケアンズは良いところです。

  


Posted by GAKU at 20:20Comments(3)カジノ

2010年11月20日

4ヶ月振りのケアンズ

4ヶ月振りにケアンズに来ています。
以前は毎月のように訪問していたケアンズですが、このところ仕事が忙しく思うように時間が取れませんでした。

今のところ天候には恵まれていませんが、やっぱりここに流れる空気は爽やかです。バルコニーからの風を頬に受けると、日常のストレスが溶け出していくような感覚を覚えます。

プルマン・リーフカジノでは、ターンダウンサービスの時に、ベットにチョコレートを置いていってくれます、これが意外に美味しいんですよ(^_^)


部屋のはジャグジーからは、ケアンズの海が見渡せます・リゾート気分が盛り上がりますね。




リーフカジノは、完全にクリスマスモードでした。



さて、ディナーと言えばワイン。オーストラリアに来ると必ずいただくお気に入りがソーヴィニオンブランです。果実味溢れる爽やかなワインです、



続きはまた明日(笑)。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 23:57Comments(1)カジノ

2010年10月30日

ゴールドコースト公式オフ会報告3

ゴールドコースト公式オフ会の目玉イベントは、ジュピターズ最上階(21階)ペントハウスで開催されるウェルカム・パーティです。




ここから望むゴールドコーストの夜景は、普段ロマンティックなものに無頓着な方でも感動するほどの絶景です。




パーティ会場は幻想的な雰囲気を漂わせています。OZのスタッフはこういう雰囲気作りが本当に上手いですね。






生ピアノの伴奏が心地良いBGMを奏でてくれました。




OZワイン抽選会、ヘリコプターライド抽選会、ベッティング・ヴァウチャー抽選会など、参加者だけの特別な特典がジュピターズから提供されました。






サプライズのマジックショーもありました。




記念に一枚♪




来年もまたやりますよ(^_^)!



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 10:17Comments(2)ホテル

2010年09月22日

ゴールドコースト公式オフ会報告2

シェブロンルネッサンスのお手軽アクティビティのインフィニティです。



僕は何も知らずにひとりで初めて入ったときは、本当に泣きそうになりました(苦笑)。
みんなで行けば怖くも何ともないんですけどね。参加者はみんな良い顔してました!





世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 01:06Comments(1)アクティビティ

2010年09月20日

ゴールドコースト公式オフ会報告1

18日は本隊が到着し、2010ゴールドコースト公式オフ会は無事開幕しました!

幹事役の過密スケジュールにつき文章を書く暇がありませんが、せめて写真だけでもと思いアップしていきます(^_^)/

まずはOZオイスター食べ尽くしツアーの模様です。会場はいつものシャラトン・ミラージュ・ゴールドコーストです。















世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 01:14Comments(0)グルメ

2010年09月12日

リゾカジ・ゴールドコースト公式オフ会

毎年、伝説的な盛り上がりをみせるリゾカジ.com主催によるゴールドコースト公式オフ会。3年振りに僕が幹事をやらせていただきます。
9月18日から開催される今回は、「リゾカジの聖地ゴールドコーストの魅力をたっぷり堪能しちゃおう!」をコンセプトに、数々のイベントスケジュールを用意しました。

では、その魅力の一部を紹介しちゃいます(^_^)/

公式イベントのメインは、なんと言ってもジュピターズ最上階21階で開催されるウェルカム・パーティです。夕陽に輝くサーファーズ・パラダイスの街並を眺めながら、爽やかなOZスパークリングで乾杯したら誰もがハッピーになれること間違い無しです!






このパーティの中では、ベッティング・ヴァウチャーの抽選会が行なわれます。その賞金額は以下の通り。

   1位    $3,000
   2位    $1,500
   3位    $1,000
   4位~7位 $500

これはしかもマルティプル・ベッティング・ヴァウチャーなので、当たり続ける限り何度でも使うことができる打ち出の小槌みたいなヴァウチャーです(笑)。




この他にも、ペンフォールドなどオーストラリア有名ワイナリー産ワインが抽選で3名様にプレゼントされたり、




息を飲むほど素晴しい景観を楽しめるヘリコプター・ライドが抽選で12名様にプレゼントされたりと、嬉しい企画が満載になっています。










別の日にはジュピターズのプールサイドでBBQランチが予定されていて、魅力溢れる企画が山盛りとなっています。




また、これ以外に非公式イベントも充実しています。その中のひとつで毎年の定番となっているのがOZオイスター食べ尽くしツアーです。シェラトン・ミラージュのオイスター・バーで、美味しいOZオイスターと爽やかなOZスパークリングワインを心ゆくまで楽しんじゃおうという企画です!










今回は一体、何個オイスターを食べることになるのか。。。今から楽しみです(笑)。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 22:13Comments(2)カジノ

2010年08月27日

オーストラリアへの現金持ち込み・持ち出し

今回はカジノプレイヤーが渡豪する際に必要な「オーストラリアへの現金持ち込み・持ち出し」について説明してみたいと思います。

ネットで検索しても詳しく解説しているサイトが見つかりませんでしたので、自分で作ってしまいました(笑)。

さて、オーストラリア出入国に際しA$10,000相当以上の現金を所持している場合、これを申告する義務があります。オーストラリア税関はとても厳しいことで知られていますので正しく申告する必要があります。

まずは以下のリンクから申告用紙の画像ファイルをご参照ください。ただし、くれぐれもその画像をプリントアウトして使用しないでくださいね。正式なものではありませんので通用しません。記入方法を知るだけにしてください。


申告フォームのおもて面
http://www.resocasi.com/images/form1.jpg

申告フォームのうら面
http://www.resocasi.com/images/form2.jpg


現金所持の申告を行うには、まず税関申告書の「A$10,000相当以上の現金所持」欄にYesのチェックを入れておきます。あとは税関係員の指示に従い、申告フォームへ必要事項を記入します。(一般にこの申告フォームはオーストラリアの税関でしか手に入りません。カジノのVIPサービスには用意してあることが多いので、帰国の際には予め手に入れておくと便利です。)
なお、申告の対象になるのは現金のみで、T/Cは含まれません。


■記入方法■

以下の記入例を参考にフォーム表の右側だけ順に記入してください。左側の「ACS USE ONLY」は係員が記入します。

1、名前・名字の順に名前を記入します。
 (記入例)
  KAZUHIKO
  NAKAGAWA

2、住所を記入します。
 (記入例)
  72−45−9 NAGATACHO CHIYODAKU
  State:TOKYO
  Postcode:0123456(ハイフン不要)
  Country:JAPAN
  Phone No:+81300000000
  (国識別番号と最初の0を除いた自宅の電話番号)

3、オーストラリア居住者かどうかの質問です。NOなら滞在先の住所を記入します。
 (記入例)
  NOにチェック
  JUPITERS HOTEL & CASINO GOLDCOAST
  State:QLD
  Postcode:4218
  Phone No:+819000000000
  (国識別番号と最初の0を除いた携帯の電話番号、または滞在ホテルの電話番号)

4、職業を記入します。ACN,ABN or ARBNは空欄で可。
 (記入例)
  OFFICE WORKER
  
5、 日/月/年の順で誕生日を記入します。
 (記入例)
  31/12/1970

6、出生地を記入します。
 (記入例)
  Town or City:SAPPORO
  Country:JAPAN

7、所持している有効パスポートをすべて記入します。(パスポート番号と発行国)
 (記入例)
  Passport:TK0000000
  Country of issue:JAPAN

8、市民権を持つ国名をすべて記入します。
 (記入例)
  JAPAN

9、旅行の方向を記入します。
 (記入例)
  オーストラリアを出国なら、OUT OF Australiaにチェック
  オーストラリアに入国なら、INTO Australiaにチェック

10、通過しようとする税関の都市名を記入します。
 (記入例)
  GOLDCOAST

11、日/月/年の順でオーストラリア到着日または出発日を記入します。
 (記入例)
  23/09/2010

12、便名を記入します。
 (記入例)
  JQ20


※ここから裏面へ


13、通貨を持ち込む、もしくは持ち出す(オーストラリア以外の)都市名と国名を記入します。
 (記入例)
  City:TOKYO
  Country:JAPAN

14、所持しているすべての通貨の詳細を左詰めで記入します。
 (記入例)
  AUD:15000
  JPY:2000000

15、所持している通貨は自分のものかという質問です。
 (記入例)
  Yesにチェック→16〜21の質問を飛ばして22へ

22、パスポートのサインと当日の日付を日/月/年の順で記入します。
 (記入例)
  (パスポートのサイン)
  23/09/2010

23、記入する必要はありません。(説明の意味がよくわかりません(笑)。)



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  
タグ :カジノ


Posted by GAKU at 18:29Comments(9)カジノ

2010年08月18日

ゴールドコーストNo.1のチャイニーズ ZEN

ジュピターズ・ホテル&カジノ・ゴールドコースト内のチャイニーズ・レストランZENは、ゴールドコーストでNo.1のチャイニーズだと思います。というよりも、現在までのところ、オーストラリアNo.1のチャイニーズ・レストランとして君臨しています。(僕の中で(笑)。)

僕はもう10年以上通っていますが、一番のお気に入りメニューはやはり酢豚です。ここの酢豚をいただくと、酢豚は豚肉を美味しく食べるための料理だということを教えてくれる気がします。また、疑問を抱く方が多い「酢豚にパイナップルが入る理由」も、ここの酢豚なら理解できます。よく熟したパイナップルだから良いのであって、缶詰めのパイナップルではこの味は出せません。






炒飯は何を注文しても外れはありません。お米のパラパラ加減が絶妙です。テイクアウェイして次の日の朝いただいても、パラパラのままで美味しく食べられます。




最近のお気に入りは牛肉のステーキ黒胡椒和え。OZビーフとは思えないほど柔らかくジューシーなステーキです。




プリプリのエビに感動するエビチリ。




丸ごと一羽の北京ダック。








ほど良い辛さが食欲を掻き立てる茄子のひき肉炒め。




シンプルなもやし焼きそば。他のメニューを引き立てて出しゃばらない美味しさが魅力です。




ここの料理はまだまだ紹介しきれません(笑)。またいつか紹介したいと思います。




世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 23:34Comments(6)グルメ

2010年08月04日

韓国料理KORIANA

韓国料理大好き人間の僕としては、旅先での焼肉が貴重なスタミナ源です(笑)。

ゴールドコーストではエルクホーン・アヴェニュー沿いホリデイインホテル(旧ANAホテル)の向かい側にあるKORIANA(コリアーナ)というレストランがお気に入りです。響きがなんだかイタリアンな感じですが、れっきとした韓国料理のレストランです。




韓国料理レストランと言っても、ここはオーストラリアですから、ヴォリュームもOZサイズです。焼肉は一人前で日本の二人前を超える量が出てきますので、オーダーの際には注意した方が良いでしょう。




チゲは熱々でサーヴされます。




こちらはコリアンの友人チョンちゃんに教わった、正しいサンチュのいただき方です。
サンチュの上にご飯、お肉、コチジャンを載せるそうです。





世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/
  


Posted by GAKU at 02:20Comments(2)グルメ

2010年07月28日

2010ゴールドコースト公式オフ会開催決定!

リゾートとカジノの魅力を紹介するリゾカジ.comでは、毎年一回、ゴールドコーストのジュピターズ・ホテル&カジノでオフ会を開催しています。毎年40名ほどのメンバーの参加があり、伝説的な盛り上がりをみせているオフ会です。

その伝説のリゾカジオフ会がいよいよ今年もやってきました!




オフ会初日にはジュピターズ最上階ペントハウスでウェルカムパーティが開催されます。

ジュピターズ最上階は21階。このフロアへアクセスするには特別なキーが必要で、当日はパーティ参加のみアクセスが許されます。




21階には南側と北側にペントハウスが2部屋だけ存在します。本来はカジノ・プレイヤーの中でも超のつくハイローラーしか宿泊出来ない特別な客室です。その入り口はこんなイメージです。一般的なホテルの客室とは入り口からはまるで違っていますね。




パーティのためにベッドなどの調度品は外されていますが、その広さのイメージはお分かりいただけると思います。








グランドピアノまで置けちゃう広さです。






お料理は前菜からデザートまで。














このパーティでは、「ベッティング・ヴァウチャー抽選会」「OZワイン抽選会」「ヘリコプターライド抽選会」などのイベントも行なわれます。ベッティング・ヴァウチャーの1等はなんとA$3,000。一同静まり返る緊張の瞬間です(笑)。








さてさて、今年は一体どんなドラマが待っているのでしょうか?

2010ゴールドコースト公式オフ会、いよいよ参加申込み開始です!
http://resocasi.com/offmtg/detail?id=15







世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 11:37Comments(0)カジノ

2010年07月27日

勝利を呼ぶ幸運のトカゲ

ゴールドコーストのジュピターズ・ホテル&カジノのプールサイド。










ここには勝利を呼ぶ幸運のトカゲが住んでいます。その正体はこれです。




まあ、僕が勝手にそう思っているだけなんですけど(^^ゞ。でも今のところ、この幸運のトカゲを見つけた滞在は勝率100%を継続しています(笑)。ジュピターズ滞在中は毎朝これを拝んでからTHE CLUBへ出勤することが日課です。

普段は茂みに隠れていることが多いようですが、こんな風にひょこっと顔を出すことがあります。存在を知らぬまま初めて見たらちょっと驚くかもしれませんね。






ジュピターズ滞在の折には、是非お試しください♪




世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 16:06Comments(2)動物

2010年07月23日

南半球で2番目に高いビル

55階の高さからメルボルン市内を一望できるのがRialt Towers(リアルトタワー)です。メルボルンで1番高いビルと言われています。2006年にサウスバンクのユーレカタワーが完成するまでは、南半球で1番高いビルでもありましたが、現在は南半球で2番目の高さのビルだそうです。






このビルの中には世界各国の高い建造物との比較がイラストで記されていましたが、世界レベルではわざわざ比較する必要はないんじゃないかと思うほど中途半端な高さでした(笑)。

さて、実際に55階まで上がってみるとメルボルンには確かにこのビルよりも高い建造物がないことがわかります。目の前に見えるクラウン・タワーズでさえ、とても低く見えるほどです。




オフィスビルも低く見えてしまいます。




デッキに設置されている望遠鏡を覗いていたリゾカジマスターがうなりました。




「GAKUさん、僕の部屋のパソコンまで見えますよ!!!」

確かにここからなら、クラウン・タワーズの客室を覗こうと思ったら覗けそうです(笑)。

それを聞いていたしゃんぱんさんが一言。

「私なんて、部屋の中をずっと裸で歩き回っていましたよ(・∀・)。」

一同爆笑でした(^_^)。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 11:12Comments(0)観光地

2010年07月22日

メルボルンNo.1の日本料理レストラン

メルボルンNo.1の日本料理レストランは、間違いなく花菱(HANABISHI)だと思います。こちらのオーナーシェフの料理にかけるこだわりと情熱がとにかく素晴らしいのです。




まず、前菜を見てください。海外の日本食とは到底思えません。








オーストラリアで、まさかジュンサイがいただけるとは思いませんでした。






こちらの料理の上に乗っているのはキャビアではありません。日本でも珍しいとんぶりです。




お造りもまた素晴しいものでした。すべてが厳選された新鮮なもので、日本でもなかなかこれだけのお造りは食べられないと思います。




この料理はキンキだったと思います。マスターがわざわざ山に出かけて、野生の胡椒の木からとってきた胡椒の実でくるみ、香り付けにした料理です。肝心の料理はもちろん素晴しかったのですが、胡椒の実の果肉部分が甘いということを初めて知りました。見た目を楽しませながら、料理そのものがその演出に負けないのですから本当に嬉しくなってきます。




こちらは岩塩で包んで焼いたバラマンディです。料理の美味しさは間違いありませんが、こちらも相当演出が凝っています。








付け合わせの栗にもシェフのこだわりが感じられます。シェフが自分の足で集めて来ることもあるのだとか。




オーストラリアでも和牛が生産されているとは聞いていましたが、そのほとんどは日本から輸入された純血和牛の種や純血和牛種牛と、オーストラリアのアンガスという種類の牛の交雑なのだそうです。でも、花菱で使っている和牛は純血の和牛だということです。このあたりにもシェフのこだわりがあらわれています。これもたしかに美味しかった。




鴨料理です。ありとあらゆる食材が出てきます。




締めはなんとイクラご飯。イクラの皮が柔らかいのに粒はそれなりに大きいという、わずかな期間しか穫れない極上のイクラでした。イクラ好きの僕ですが、このレベルのイクラは日本でも過去に一度しか食べたことがありません。それだけ特別なものなのです。




ところが、まだ終わりません。今度はデザートです。花菱のさらに素晴らしいところは、デザートだけでまるでひとつのコース料理のように楽しませてくれるところなのです。これもひとつひとつ手をかけて作ったオリジナルなのですから、ただ驚愕するしかありませんでした。




厳選されたフルーツも美味しいです。




自家製のアイスクリームは懐かしく優しい風味が魅力的でした。優しいバニラの風味と香りが高く、アイスクリームの命である舌触りが滑らかでした。デザートはどれも美味しかったのですが、僕はこのバニラアイスクリームが特に素晴らしいと思いました。




日本料理レストランでエスプレッソマシンを置いているところはかなり珍しいと思います。花菱では客の好みに応じてコーヒーを提供してくれるほどのこだわりようでした。




料理には素人の僕でも、オーストラリアでここまでの食材を手に入れることが難しいことくらいはすぐに分かります。そして、手の加え方が非常に繊細。これほどの日本料理は、日本でもなかなか巡り会えないレベルです。

メルボルンに行ったら、是非また訪れたいレストランです。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 00:55Comments(6)グルメ

2010年07月16日

最も相性の良いカジノ

僕のリゾカジライフの中で最も相性が良いカジノのひとつがここ、ケアンズのリーフカジノです。








過去の記録を紐解くと、全43滞在におよぶ戦績は35勝8敗と大きく勝ち越しています。トータル・ターンオーバーはA$10million超、+0.75%の成績でした。感覚だけじゃなく相性の良さは数字にも現れていました。

きっとこれは環境の良さが大きく影響しているのでしょう。何しろカジノを一歩出ればそこはもう楽園なのです(^_^)。








リーフカジノの客室から望む景色にも心が癒されます。






夕暮れのプールサイドは絵になる美しさです。




また行こうかな、ケアンズ。







世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 10:58Comments(4)リゾート

2010年07月15日

フィッツロイ・ガーデン

メルボルンでゆったりした時間を過ごしたいなら、Fitzroy Gardens(フィッツロイ・ガーデン)がおすすめです。木々の緑と鮮やかな花々が美しい公園です。当時植民地だったオーストラリアを統治していたSir Charles Augustus Fitzroyにちなんで名付けられたそうです。園内はイギリス国旗のユニオン・ジャックを模してデザインされているため、上空からみるとまさにそう見えるのだとか。






フィッツロイ・ガーデンはCaptain James Cook(キャプテン・ジェームス・クック)の生家Cook's Cottage(クックス・コテージ)があることで広く知られています。ひとつひとつ分解してイギリスからメルボルンまで運び、忠実に元の形に戻す方法でこの地に移築したのだそうです。庭作りが好きだったというクックの母親の気持ちも再現するため、家の周りの庭は庭師によっていつも手入れがされているそうです。








クックス・コテージには郵便局が併設されていて、ここから投函することでここだけの消印を押して届けてくれるようです。






至る所に色鮮やかな花が植えられています。






フィッツロイ・ガーデン内にある温室では色鮮やかな花々が迎えてくれました。




そこにある花々をひとつひとつ眺めていくと、細部にわたって手入れが行き届いていることが分かります。花を選ばずにただ撮影しただけですが、なかなか良い絵になってくれるほど寛容な美しさです。訪れたひとに癒しをもたらす優しい場所だと思います。











世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 10:53Comments(4)観光地

2010年07月14日

ジュピターズ幻の$5チップ

ゴールドコーストのコンラッド・ジュピターズ・カジノ(現在のジュピターズ・カジノ)は、僕がカジノデビューした特別思い入れの強いカジノです。それはもう17年前のことになりますが、その頃からの$5チップを今もコレクションしています。

左から右へ順番に見てください。一番左側が開業当初のチップ、開業10周年に発行された記念チップ、その後にリニュアルされたチップ、そして一番右が今も使用されているチップです。現在はCONRAD(コンラッド)の冠が外れましたので、もしかすると近い将来またリニュアルされるかもしれません。




ちなみに以下のチップは合計何ドルあるか分かりますか?一瞬で計算出来たら凄いです。




答えは、これと同じ額です(^_^)。





世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 00:10Comments(0)カジノ

2010年07月13日

ケアンズの日の出

日本では滅多にありませんが、ケアンズ滞在中は日の出の瞬間を見ることがよくあります。早起きした訳じゃなくて、夜通し起きてるだけなんですが(^^ゞ。




自然の大きさを肌で感じるからでしょうか。日の出を見ていると、訳もなく心が震えることがあります。




新しい一日の始まりです。




さあて、今日もがんばりますか!・・・ブラックジャックをね(^_-)☆





世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 16:13Comments(6)自然

2010年07月12日

メルボルンの台所クイーンヴィクトリア・マーケット

メルボルンの台所はここ、Queen Victoria Market(クイーンヴィクトリア・マーケット)です。このマーケットは実に広大で、本気で見て回ろうと思ったら一日がかりになりそうなほどの規模です。




その土地を知るには地元の生鮮食品を見ることが一番だと思います。まず目に入ったのはずらりと並ぶ精肉店です。写真に写っているのはごく一部ですが、実際にはかなり壮観でした。お肉の専門家からいただいた解説によると、日本の相場の1/3ほどの価格で売られているようです。








さて、こちらは鮮魚コーナーです。








こういうところへ来ると無条件に探してしまうものがあります。それはこれ。オイスターです!






ということで、早速仕入れました(笑)。






同じくマーケットで仕入れたバジルペーストを添えていただきます。






イタリアンなオイスター、なかなか美味しかったです♪

これにスパークリングかシャルドネがあれば最高でしたね。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 12:09Comments(6)グルメ

2010年07月11日

ヴィラロマーナのシーフード

今回はケアンズのエスプラネード沿いにあるイタリアン・レストランVilla romana(ヴィラロマーナ)でランチです。




とても気さくな店主が陽気にサーヴしてくれるケアンズらしいレストランです。今回はシーフードを堪能してみました。

まずはタスマニアン・サーモンのカルパッチョ。




上品な味付けのカラマリも美味しいです。




キング・ジョージ(キス)。淡白な風味でとても美味しいです。オーストラリアではマーケット価格でも1kg当たりA$50くらいする高級魚だそうです。




生牡蠣も外せません。




パスタもシーフード。これも素晴しく美味しいです。




朝食からディナーまで利用出来る便利で美味しいレストランです。

Villa romana
http://www.villaromana.com.au/cairns/




世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 08:25Comments(0)グルメ