プロフィール
GAKU
GAKU
オーストラリアとカジノの魅力にハマって18年。。。 トータル77回に及ぶオーストラリア入出国のため、パスポートはオーストラリアの出入国スタンプだらけ。オーストラリア入国のたびに、イミグレの係官に怪訝な顔をされています(苦笑)。 OZワインが大好きです!旅の思い出は料理の写真で綴るのが習慣になってしまいました。グルメとダイエットの狭間に身を置いて、日々精神修行をしています(笑)。

リゾカジ.com
www.resocasi.com

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2010年10月30日

ゴールドコースト公式オフ会報告3

ゴールドコースト公式オフ会の目玉イベントは、ジュピターズ最上階(21階)ペントハウスで開催されるウェルカム・パーティです。




ここから望むゴールドコーストの夜景は、普段ロマンティックなものに無頓着な方でも感動するほどの絶景です。




パーティ会場は幻想的な雰囲気を漂わせています。OZのスタッフはこういう雰囲気作りが本当に上手いですね。






生ピアノの伴奏が心地良いBGMを奏でてくれました。




OZワイン抽選会、ヘリコプターライド抽選会、ベッティング・ヴァウチャー抽選会など、参加者だけの特別な特典がジュピターズから提供されました。






サプライズのマジックショーもありました。




記念に一枚♪




来年もまたやりますよ(^_^)!



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/  


Posted by GAKU at 10:17Comments(2)ホテル

2010年07月05日

ジュピターズのエグゼクティヴフロア

ゴールドコーストのJupiters Hotel & Casino Gold coast(ジュピターズ・ホテル&カジノ・ゴールドコースト)のオープンは1986年だと思うので、もう24年が経過していることになります。一般フロアの客室のファシリティの古さとレイアウトの狭さはさすがに否めませんが、数年前に改装されたエグゼクティヴフロアにはいくつか新しいファシリティも取り入れられています。

こちらが一般フロアの客室です。ベッドカバーがリゾートホテルの雰囲気ですね。




エグゼクティヴフロアの客室はこんな感じです。少し都会的なインテリアになっています。2ベッドの客室ですが、それぞれのベッドも十分な大きさです。




客室には、カジノからのウェルカムフルーツが用意されています。あり難いサービスです。




こちらはカジノVIPサービスからのウェルカムメッセージです。




テレビは壁掛け式で、客室のスペースを少しでも広げようという工夫が見られます。




ミニバーも充実しています。




客室からはネラング川の景色が望めます。




エグゼクティヴフロア専用のフロントとラウンジを備えていますが、残念ながら今までほとんど使ったことがありません(^^ゞ。ということで、僕にはうまく説明はできないのですが、ラウンジではコンプリメンタリー(無料)の朝食のサービスやドリンクサービスなどを備えているようです。ただ、カジノのVIPルーム「THE CLUB」に行ってしまえばすべてが事足りてしまうので、カジノ客はこのラウンジを利用する必要がないかもしれません。



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 10:45Comments(4)ホテル

2010年06月24日

ブリスベンの隠れ家ホテル

ブリスベンのトレジャリーカジノは、ジュピターズ・ゴールドコーストと同じくTabcorp社の経営する姉妹カジノです。




ビーチリゾートの雰囲気にマッチしたジュピターズとは大きく異なり、トレジャリーはヨーロッパ調の重厚な雰囲気を持っています。それもそのはず、カジノ棟とホテル棟の二棟に分かれたそれぞれの建物は、トレジャリー・ビルディングとランド・アドミストレーション・ビルディングという2つの歴史的建造物を改築して作られたものだそうです。ブリスベンの歴史ある建物をそのまま受け継いだ訳ですね。

トレジャリーはカジノ棟とホテル棟の二棟に独立していることで知られていますが、実はカジノ棟の3階ワンフロアだけがTHE CLUBメンバー専用の客室が用意されています。いわば、VIPのための隠れ家ホテルです。客室を出てすぐ目の前にあるリフトで2階に降りれば、VIPルーム「THE CLUB」にアクセスできてしまうという、プレイヤーにとっては何とも便利な構造になっているのが特徴です。






THE CLUBへはカジノのメインフロアからアクセスすることもできますが、通常は通りに面した隠れ家的な入り口からアクセスします。一般の方が見ても、それが何の入り口なのかよく分からないことでしょう。






インテリアは落ち着いていて格式の高さが感じられます。






客室の天井の高さは歴史ある建物の厳粛な雰囲気を漂わせています。




その天井高に合わせた大きな窓がありますが、残念ながら完全なはめ込み式です。それでも上質なカーテンが部屋の印象を柔らかくしているお陰か窮屈さは感じられず、客室の居心地は良いです。広いバスルームにはハンドシャワーを備えた大きなバスタブと独立したシャワールームが設置してあり、客室のファシリティは十分だと思います。






車窓からのブリスベンの街並です。





世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 11:08Comments(0)ホテル

2010年06月12日

ジュピターズのペントハウス

18年前に初めて訪れたオーストラリアの都市はゴールドコースト。そして、初めて訪れたOZカジノはコンラッド・ジュピターズ・ホテル&カジノ(現在はジュピターズ・ホテル&カジノ・ゴールドコーストが正式名称)でした。

陽気でフレンドリーなOZディーラーとカジノのきらびやかな雰囲気にすっかり魅せられてしまい、僕のリゾカジ・ライフはここからスタートしたのでした。以来、世界の多くのカジノを訪問してきましたが、僕にとっては今もゴールドコーストがリゾカジの聖地です。

リゾカジ.comでは、毎年一回ジュピターズで公式オフ会を開催しています。40名ほどのメンバーが集い、THE CLUB(ジュピターズのVIPルーム)で一緒にプレイを楽しむという企画です。これに合わせて、ジュピターズはウェルカムパーティや抽選会などの企画を特別に用意してくれます。

そのウェルカムパーティはジュピターズ最上階(21階)のペントハウスで行なわれることが定番になっています。楽しい仲間たちとともにゴールドコーストのサンセットを眺めながら行なわれるパーティはまさに至福のひとときです。バルコニーの無いジュピターズの客室ですが、唯一このペントハウスだけは広いバルコニーを持っているので、ゴールドコーストの美しい街並を一望出来るんです。夕暮れ時の心地良い風を感じながら、CHANDONのグラスを片手にそれを眺めれば、日常生活のストレスはどこかに消えてしまいます。






ベッティング・ヴァウチャーの抽選会があります。このときの1等は$2,000!


ペンフォールドの抽選も行なわれました。



今年2010年は9月に開催予定です。幹事は僕。これまで以上に楽しい企画を考えますよ〜♪
ご興味ある方は是非ご参加くださいね!



世界のカジノとリゾートの情報サイト
リゾカジ.com
http://resocasi.com/   


Posted by GAKU at 11:25Comments(0)ホテル